私の86感

私の愛車の物語です。

スイフト

私が86に乗り換えてから、執拗に追いかけて来る車がいる。スイフトだ。

最初は知り合いかとも思ったが、全然知らない人達だった。

スイフトを追い越すと、8割ぐらいの確率で追いかけて来る。

私は昔から追いかけられると、逃げてしまう習性がある。

逃げきるのだが、毎回は疲れる。

私は、アクセルの開けたくなる音を求めて社外品マフラーを探す事にした。

ここで問題になるのが、私の86を預けられる信用のおける車屋を探す事だ。

色々調べてみても、なかなか自分に合うような店が見つからず困っていると、職場の先輩池田さんが富士にある佐藤商会なる車屋を紹介してくれた。

池田さんは若かりし頃、走り屋ブームのなか生き残った数少ない走り屋なのだ。

私は、命懸けで遊んできた人間の言葉は信用できる。

早速ネットで、佐藤商会を検索する。

佐藤商会のホームページを発見した。

隈無く見ていくと、86のレースで優勝していた。

更に見ていくと、佐藤商会のブログを発見した。

ブログを見ると、かなり丁寧な作業そして高い技術力&創造力が垣間見えた。

次の休日、私は佐藤商会に足を運んでみた。

わざわざ、社長が接客してくれた。

社長に色々聞いて決めたマフラーは、HKSのスーパーエキゾーストシステムのHi-Power SPEC-Lだ。

社長曰く、かなりの軽量になるらしい。

問題の音だが、YouTube等で色々聴いてみたが私の気にいる排気音は、残念だが見つからなかった。

f:id:hide0406:20180612163903j:image