私の86感

私の愛車の物語です。

ズレてる感性

私は思うのだが、何かと周りと感性がズレている。故に、よく否定され続ける人生になってしまった。

私は単車も車も、高速道路を走るのが大好きである。しかしこの事を周りに伝えると、危ないだのお金が勿体ないだの真っ直ぐな道でつまらないだの言われてしまう。

私も、昔はそうだったよ。

話は変わるが、私が86で高速道路をドライブをしていると、追越車線をスゴいスピードで走り去る車がいた。ベンツとBMWだ!

私もコレに続き、フル加速するが追い付かない。

なんて加速するんだ。車の性能差か!

86に乗って、初めての敗北感だった。

いつか、追い抜いてやる。そう心に誓った。

86を速くする事と、己のドライビングテクニックの上達を目標に生きる事になる。f:id:hide0406:20180709112157j:image