私の86感

私の愛車の物語です。

スーパーチャージャー

86にスーパーチャージャーを搭載してから、私の慣らしも兼ねて様々なステージを走り込んでみた。

とにかく、乗り易い。まるで、純正のようだ。

ターボのような暴力的な加速は無いが、全体的に速くなっている。素晴らしい!

そして、坂道発進が安心してできる。失敗する気がしない。

しかし公道で全開できる程の技術を、私は持ち合わせてはいなかった。

私は、益々サーキット場での走行会が楽しみになった。

話は変わるが、先日スーパーチャージャーを搭載してから、初めてバトルを挑まれた。

私は、普段通り安全運転で86を走らせていると猛スピードで走り迫ってくる車がいた。BRZだ!

BRZに対して、何か気に喰わない事をしたのか?自問自答する私がいた。

道を譲ると、BRZはスピードを緩めた。

BRZが私を挑発している様に思えてならなかった。

私は心の中で

「付いて来られるのかい?こちらは、スーパーチャージャーを搭載しているよ。」

と呟いた。

スーパーチャージャー搭載車とノーマル?の差を実感したかったのかもしれない。

私は一旦5速に落としアクセルを踏み込み、6速に入れる。暫く走行すると、ルームミラー&ドアミラーにBRZの姿は無かった。

スーパーチャージャー恐るべし。f:id:hide0406:20180715012118j:image