私の86感

私の愛車の物語です。

ベンツ&BMW再び

ある朝、私は通勤していた。

高速道路の追越車線を走行していると、数ヶ月前に圧倒的な性能差でチギられたベンツとBMWが、仲良く一般車線を走行していた。

ベンツ&BMWを追抜き様、運転手を横目で見るとどちらも年配の方だった。ひょっとして、2台は友達同士なのだろうか?

私の小さい頃、まだ車はステータスだった。

ベンツやBMWに乗れる人達は、人生の成功者であるという感覚が、私にはまだ残っている。

故に、私はこのベンツ&BMWに乗る運転手には、軽く敬意を持ってしまう。

私もいつかは、其方側へ行ってみたいモノである。が、意外といつかはやって来ないという事も知っている。

追抜きルームミラーに目をやると、私の86の背後にピタッとベンツ&BMWは貼り付いていた。

私は、不敵に笑みを浮かべる。

前回のリベンジの瞬間がやって来た。

前回の私とは違う。何しろ、今の私の86にはスーパーチャージャーと言う秘密兵器が搭載されている。

私は、6速に入れていたギアを5速に落としアクセルを踏み込む。当り前の事だが、前回とはまるで加速が違う。そして6速へギアを入れて、更にアクセルを踏み込む。どんどん力強く加速して行く。

私は、こんな素晴らしい86を造ってくれた、トヨタ&佐藤商会に心から感謝している。

スピードに酔っている私が、ふとルームミラーに目をやると背後に貼り付いていたベンツ&BMWは、姿を消していた。

これは勝利なのか?それとも、途中下車したのか?真実はわからないが、私は都合良く勝利したと思う事にした。

次は、マセラティのグランカブリオだ。f:id:hide0406:20180911152030j:image