私の86感

私の愛車の物語です。

年末に思うこと

86と出会ってから、もうじき2年の月日が経とうとしている。

相変わらず86は、良く走ってくれている。

37,000キロの86を中古車購入したが、今ではオドメーターが89,000キロに達している。

来年早々に車検なのだが、86に何を奢ってやろうか悩んでいる。嬉しい悩みなのだが、私の浅い知識や知人の知識、専門業者の方の知識、ネットを検索するも車検のメニューが決まりきらない。

未だ時間がある為、自分のペースでのんびりと考える。

明日静岡へ用事がある為、行きつけのガソリンスタンドへ足を運ぶ。

フッと、洗車の看板が目に入る。

ガソリンスタンドの従業員に、洗車を頼む。

そして、86にハイオク満タンを振る舞う。

私は、自分で洗車をした事が無い。

できるのだが、やらない。

周囲には、

「本当に愛車が好きなのか?大事にしているのか?」

等、もっと酷い誹謗中傷ともとれる言回しをしてくる人もいるが、私からすると愛車が好きだからこそ、自分で洗車をしたくない。

車は走る以上、必ず傷が付く。これは、仕方が無い事だ。傷の中には、勲章ともとれる傷もある。

自分で洗車をしてしまうと、それらの傷を発見してしまう。

私の心は、深く傷付いてしまう。

それらの現実を目の当たりにしたく無い為、洗車を自分でしない。

給油&洗車が終わると、86はピッカピカだ。

私はガソリンスタンドの従業員達に、軽く会釈をし

「今年一年、ありがとうございました。来年も、よろしくお願いします。」

と言い、ガソリンスタンドを後にした。

自宅に着き駐車場の86を眺めながら、今年も無事故無違反で過ごせた事に感謝の念を込める。

そして、私の86に携わってくれた方達にも。

昔、私のバイクの師匠に言われた事がある。師匠と言っても、私が勝手に尊敬しているだけなのだが。

「バイクを通して、色んな年齢の方と話しが出来る。これは、とてもありがたい事だ。」

と。

私は、86にもこれに通ずるトコがあると思う。

86を通じて今まで出会った人これから出会う人、大事にしていきたいと思う。

f:id:hide0406:20181228184056j:image