私の86感

私の愛車の物語です。

嫁の里帰り

突然嫁が、

「実家へ帰る。」

と言い出した。

私は、6月に義理の妹が結婚式を挙げる為

「結婚式の時に実家に行くのだから、わざわざ今月帰らなくてもいいじゃないか?」

と説得するも、嫁は譲らない。

嫁の実家は、自宅から120km程北上したトコにある。

嫁は仕事を休めず、日曜日の夕方からの出発になった。

私は十二分に睡眠を摂り、午前中用事を済ませガソリンスタンドへ向かう。

ガソリンスタンドの定員に、

「ハイオク満タン、カードで!」

ガソリンスタンドの定員は、

「窓を拭かせてもらっても良いですか?」

私は、

「お願いします。」

と。しかしガソリンスタンドの定員は、86の窓を拭く事は無かった。

私は心の中で、

「拭かないのだったら、聞くなよ。」

と思った。

ガソリンスタンドの定員が老人だった為、つい優しさが出てしまった。

嫁の実家へ帰る準備をして、自宅にて嫁待ちをしていると、眉間にシワを寄らせて帰って来た。

私は、眉間にシワを寄らせた嫁の顔が嫌いだ。注意すると、嫁は愚痴り出した。

やれやれだぜ。と思い、嫁の愚痴に付き合う。

そして、4時になる前に自宅を出た。

嫁は

「お土産に浜松餃子を買って行きたい。」

と言い出す。

私は、嫁の実家へ初めて行った時の事を思い出す。

初めて嫁の実家へ伺った時、私は手土産に極上の鰻を持参した。

しかし、義母には喜んでもらえなかった。

「前の彼氏は、メロン持って来たけどね。」

と言われる始末。

2度目の訪問時には、メロンを持参した。

箱に食べ頃の時期が書いてある事を告げるも、その前に食べられ、固くて美味しくない。と言われた。

3度目の訪問時には、嫁の意見を聞き有名どころの味噌饅頭を持参するも、誰も食べないからアンタが食べて行ってくれ。と言われた。

4度目の訪問時には、嫁に

「もう手土産はいいよ。」

と言われ、手ぶらで行くも義母に

「嫁を貰いに来て、手ぶらかよ。」

と言われる。

懐かしい思い出に浸る私がいた。

餃子を買い、嫁の実家へ向かう。

今回は、下道で行く事を選択する。

86に乗り始めてから、山道を走るのが楽しくなったのだ。

86とは、何と素晴らしいクルマなんだ。と改めて確信した。

私は、我を忘れて無邪気な子供の様に走った。

嫁の実家に着く頃、嫁は気持ち悪くなり気分がとても悪くなっていた。

私は、心の中で深く謝罪する。

そしてこの夜、久し振りに深酒をしてしまう。

私も、ストレスが溜まっているのだろう。

次の日、阿智村花桃を見に行こうと嫁に誘われ昼神へ向かう。

後を追うように、義妹夫婦が現れ一緒に昼飯を食べる。そこで、義妹が

「国道151号線で、スピード違反で捕まってゴールド免許を失った。帰り、気を付けてね。」

と言われ、私はビビり大人しく帰る事を決意する。f:id:hide0406:20190423224904j:image
f:id:hide0406:20190423224854j:image
f:id:hide0406:20190423224830j:image
f:id:hide0406:20190423224809j:image
f:id:hide0406:20190423224820j:image
f:id:hide0406:20190423224842j:image