私の86感

私の愛車の物語です。

スタビライザーセット?

私は、臆病だ。

カーブを曲がる時、毎回いつリヤが滑るのかドキドキしている。

そんな話を、伝説の走り屋池田さんと談義していると、スタビライザーを変えてみてはどうか?と。

カーブを曲がる時、踏ん張りが効くという。

私は、早速内山に連絡する。

彼は忙しいらしく、軽く3週間待たされる。

いい加減、この店を卒業したいのだが。商売柄、なかなかそうはいかない。全くどうしたモノか?

等と悩んでいると、内山から電話が鳴る。

私は、予定が早まったのかと電話に出る。

「モリヤスが警察に捕まりましたが、ニュース観ましたか?」

私は、仕事をしているのでテレビなど見る余裕が無い。

モリヤスとは、私が兄と慕う守安誠が経営するバイク屋である。 

彼は、私の6割の人格を作ったと言っても過言ではない。私にとっては、素晴らしい人間である。

私は次に彼と会うのが、とても楽しみである。

どうやってこの苦難を乗り切るのかが。

しかし、そんな連絡をしてくる内山に私は

「お前、仕事してるのか?どんだけ暇してるんだ?」

等と、話しているうちにTRDのスタビライザーセットを取り付ける日がやってきた。

今回の代車は、水色のアクアだった。

まだ、内山が新車で購入したプラドは解禁ではないらしい。

作業は1日で終わり翌日、早速通勤にて86に乗るも行きも帰りも前方に車両が走行していて、思うように走れない。

私は、焦る心を押し殺して安全運転に努める。

2日目、ようやくその機会は訪れた。

高速走行で、カーブに入る。

コーナーリング中、86がとても安定している。

私は、もっと早く走れると確信した。

素晴らしいパーツを、手に入れたらしい。

と、伝説の走り屋池田さんに若干興奮気味に話しをすると、とても興味深く聞いていた。

スタビライザーセットをあんなに薦めていた池田さんは、今までこのパーツを取り付けた事が無かったらしい。

私は、オイオイ!っと思わず心の声が漏れた。

池田さんも、そろそろコチラ側へカムバックするか悩んでるらしい。

私は、彼の乗る86と一緒に走れる日をとても楽しみにしている。

f:id:hide0406:20190610093847j:image