私の86感

86のある暮らし

45歳男性USJデビュー

嫁が突然USJに行きたいと言い出す。

私は、今までUSJに行った事が無い。そもそも混雑した場所が苦手だ。

しかし、女性の願いを叶えるのが男の責務だと考える私は、USJに行く決意をする。

私は嫁に尋ねる。

USJは、楽しいトコなのか?」

嫁は即答する楽しいと。

以前嫁は私をリトルワールドへ誘う時、ディズニーランドに匹敵すると言い、見事に期待を裏切られる。今回は、聞かずに行く事にする。

私は嫁に、新幹線で行く事を薦める。

理由は2つ。

1つ目は車で環状線を走るのが苦手である。出口が右にあったり左にあったりと、急な車線変更が不得手だ。

2つ目は偏見かもしれないが、大阪の運転は荒いイメージがある。

しかし嫁は新幹線の値段を見ると、86で行くと言い出す。それは、新幹線よりも安価で寝て起きたら目的地。

私の悩み等関係無い。

私はスマホのナビで何度も、USJへの道のりをイメージトレーニングをする。

翌日早朝、86に火を入れる。

相変わらず86は、絶好調だ。

日頃から、メンテをしてくれる静岡トヨタとこの車を造ってくれた佐藤商会に感謝する。

高速道路に乗る前に、早くも嫁は助手席で爆睡をかます。毎度お馴染みのパターンになってきている。

最近、歳のせいか特に安全運転を心掛けている。

不安は、大阪環状線

案の定、降りなければならない地点に、2箇所連続して降りる場所がある。

「どっちが正解だぁ!」

私は、後の方を選択した。正解だ。

私は喜びを分かち合う為に、嫁の方を見るが爆睡中だった。怒りを噛み締めながらUSJに着き、嫁を起こす。

f:id:hide0406:20221220193105j:image

今回、私のメインは進撃の巨人だが、嫁のメインはハリーポッターだ。

入場で早速嫁がやらかす。

飲みかけのペットボトルは場内に持ち込めない。

嫁はペットボトルを捨て、また最後尾へ並び直す。

私は先に入場して嫁を待つ。

私の想像通り嫁は御立腹。

私は、何年振りかに朝食を摂る。

USJまで、独りで運転を頑張った御褒美だ。

f:id:hide0406:20221220193503j:image

気分を取り直して、ハリーポッターへ向かう。

ココで、私に悲劇が起きる。

何と、10,000円札を落としてしまう。

私のテンションダウン。

若干、ハリーポッターが嫌いになる。

f:id:hide0406:20221220192942j:image

そして、テンションを上げる為に昼食はお肉。

ココで嫁が迷子になる。

私達夫婦にとって、毎度の事である。私は嫁を待ちながら、肉を食う。86の運転が無ければ、生ビールが欲しくなる。グッと我慢する。

f:id:hide0406:20221220193225j:image

嫁と何とか合流し、マリオワールドへ向かう。

f:id:hide0406:20221220194151j:image
f:id:hide0406:20221220194159j:image
f:id:hide0406:20221220194207j:image
f:id:hide0406:20221220194215j:image
f:id:hide0406:20221220194222j:image
f:id:hide0406:20221220194230j:image

流石1番人気。大渋滞です。

マリオに嫁もウットリ。

f:id:hide0406:20221220194510j:image

そして、私の今回のメイン。

進撃の巨人へ。

f:id:hide0406:20221220194658j:image
f:id:hide0406:20221220194706j:image

私はどうしても、リヴァイ隊長さんが欲しくて高いコーラを注文してしまう。思い出の品にしよう。

f:id:hide0406:20221220194922j:image

後1時間あれば、スパイダーマン行けたのに無念だ。

こうして、アッという間に1日が終わってしまった。

不思議と煙草を吸いたいと思わなかった。恐るべしUSJ

そして宿へ。

f:id:hide0406:20221220195322j:image
f:id:hide0406:20221220195314j:image

美味しい生ビールを呑んで爆睡です。

f:id:hide0406:20221220195431j:image

翌日、通勤時間をずらして帰路に着く。

嫁のお陰で、私の選択しない場所へ行く事が出来た。嫁に感謝である。ありがとう。

 

 

迫るクラッチ残量

池田さんが私の86を動かした時、

「直ぐでは無いが、そろそろクラッチ交換を考えた方が良い。」

と言われた。

池田さんは、クラッチペダルを踏んだだけでクラッチ残量がわかる兵だ。

私の86も、13万キロ弱走っている。

私の周囲で私より距離を走っている86が居ない為、指標にするべき距離が分からない。

毎日、クラッチの不安と闘いながら86を走らせている。

私はノーマルクラッチか社外の容量の大きいクラッチに取り換えるべきか悩む。

私は、困った時の佐藤商会へ相談する。

佐藤商会に詳細を伝えると、今回はノーマルクラッチ交換を薦められる。

頼りになる佐藤商会。

が、私はHKSのLAクラッチが、どうにもこうにも頭から離れない。

それからしばらくして、悲劇は突然やって来る。

とある土曜の夜、実家に用事があり私の愛機86を走らせる。クラッチを踏むといつもとは違う違和感がっ‼️

気のせいだと自分の心に嘘をつき、実家へ向かう私。

バイパスを下りる頃、信号機で86を止めるとエンストしてしまう。焦る気持ちを抑えて、クランキングする私。

どうにかこうにか実家に着く。

私は、私の86の整備を任せている内山に電話する。

「86のクラッチが逝った。」

返す言葉で内山がっ、

「保険の特約にレッカーが付いているので、保険屋に連絡して下さい。」

車屋としては満点の応答だが、人としては疑問が残る。

私は内山に、HKSのLAクラッチを86に取り換えたい旨を伝える。

f:id:hide0406:20220606111239j:image

そうこうしているうちに、レッカーが来る。

レッカーの丁寧な対応に、私は感動を覚える。

内山にも、是非見習って欲しいモノだ。

f:id:hide0406:20220606111658j:image

86を見送り、後日内山が用意した代車ライズに感動する。新しい車は全てが新鮮だ。私の知らない機能が満載だ。ライトがオートで付いたり、ドアミラーに車接近のランプが付いたりと驚きを隠せない。

私の周囲の人間の中には、最近の車は高過ぎると不平不満を言う輩もいるが、私から言わせればこれだけの機能が付きながらの、この価格は自動車メーカーの頑張りを感じられる。

クラッチ交換を待つ事3週間。

私の86が復活する。

f:id:hide0406:20220606113058j:image

HKS LAクラッチ、純正のクラッチと比較すると少々クラッチペダルが重い気がする。

坂道発進の自信を失う自分がいる。コレは、自分の慣らしが必要である。

クラッチが無くなった時、メーターを見ると168000キロだった。自分の想像する距離を遥かに上回るクラッチの持ちの良さに感謝した。

 

 

 

 

久しぶりの外出 新屋山神社

とある単車のクラブツーリングにて、金運UPする神社を教えてもらった。

私は今、藁にもすがる思いで収入を増やす方法を模索している。なかなか思い通りに行かないのが世の中。

ツーリングの翌日、早速嫁を連れて富士へ向かう。因みに昨日の単車のツーリングも富士だった。

昨日は晴天だったのに今日は雨。

久しぶりのデートに、嫁は助手席ではしゃいでいる。可愛い奴だ。

しかし毎度の事ながら、新東名高速道路の袋井を過ぎる頃、嫁は爆睡していた。

東名高速道路も御殿場に差し掛かる頃、左手に富士山が見える。

富士山が大好きな嫁を急いで起こすも、寝ボケている。私は、大変ガッカリする。

御殿場に着いたのが昼過ぎだった為、山中湖付近にある小作というほうとうの店を目指す。

f:id:hide0406:20210524213219j:imagef:id:hide0406:20210524213258j:image

13時半も過ぎたにも関わらず駐車場は満車だ!

この小作というお店、単車のツーリングチームの先輩に教えてもらった。

私が頼むほうとうは、先輩オススメのカボチャほうとうだ。

f:id:hide0406:20210524214543j:image

嫁は海老が好きな為、海鮮ほうとうの辛口だ。

f:id:hide0406:20210524214924j:image

かなりのボリュームだったが、少食の嫁は食べきった。恐るべし小作。

そして今回のメインイベント新屋山神社へ向かう。

道中、新屋山神社に近づくに連れて道が細くなる。

f:id:hide0406:20210524215556j:image
f:id:hide0406:20210524215514j:image
f:id:hide0406:20210524215534j:image
f:id:hide0406:20210524215459j:image
f:id:hide0406:20210524215524j:image
f:id:hide0406:20210524215545j:image

運が良い事に、空いていた。

久しぶりに御朱印を拝借する。

f:id:hide0406:20210524215742j:image

これでもかっ!というぐらいお願いをする。

そして、奥宮を目指す。

奥宮への道のりも、これまた険しい。

前から車が来ないよう祈りながら、86を走らせる。

気付かないうちに、フロントガラスに鳥の糞がついている。そして、しばらく行くと鹿が立ち往生している。私達は、あまり歓迎されてないのだろうか?

すると、小さな看板に奥宮と記してある。

f:id:hide0406:20210524220316j:image

「コレ、絶対見逃す人いるよなぁ〜。」

と嫁に話しかけると、嫁爆睡。

私は、悲しくなる。

嫁が、気分転換に何処かへ出掛けたいと言い出したのに。

私は嫁を起こし、参拝する。

f:id:hide0406:20210525132216j:image
f:id:hide0406:20210525132258j:image
f:id:hide0406:20210525132334j:image

この後、富士五湖を巡るも嫁は全て爆睡。

一体何しに来たんだか?私は、帰路に向かう。

翌日、富士五湖付近に泊まりで出掛けたいと嫁が言い出した為、私はガッカリした。

 

 

 

 

 

初詣 2021

私の正月休みも終わりを迎える頃、嫁が初詣に行きたいと言い出す。

「ドコへ行くか、考えといて!」

と嫁に言われ、私は前々から興味を示していた三嶋大社に決めた。

次の休みの日は、朝からガソリンスタンドで洗車を予約していたので、ガソリンスタンドへ向かうとガソリンスタンドの従業員に、

「すいませんが水回りが凍っていて、洗車ができません。」

と言われ、86にハイオクを入れてガソリンスタンドを去る。

自宅へ戻り、嫁に初詣に出掛ける支度をさせる。

嫁の支度は無駄に時間がかかり、無駄に荷物が多い。嫁は今、国家試験前の為参考書を持って行くと言って、私の言う事を効かない。

私は、嫁以上に嫁の事を知っている。

嫁は出掛けてる間、参考書を開く事は無いと私は思っている。

私は三嶋大社へ向け、86に嫁を乗せて走らせる。

嫁は意固地になったのか、早速参考書を開くも爆睡する。嫁は、私の期待を決して裏切らない。

東名高速道路に入ると、最高速度の看板が120になっている。

私は120キロクルージングを楽しむも、眠っていた嫁に水を差される。

「トイレへ行きたい!」

f:id:hide0406:20210111153907j:image

私は、掛川PAに86を停める。

私も念の為、トイレへ行っておく。

86へ戻るとガラガラの駐車場の中、何故か86の横へ土浦ナンバーの車が、わざわざ停まっている。

私はとても、疑問に思う。何故だ!嫌がらせか?

私は、土浦ナンバーの車の持ち主が戻って来る前に、掛川PAを後にする。

すると助手席の嫁は、早くも爆睡する。

私は86を軽快に走らせ、「アッ」という間に三嶋大社へ着いてしまう。

f:id:hide0406:20210111154754j:image

140キロという距離は、私にとっては物足りない。

嫁が喫煙所で煙草を吸っている時間を、私は待てず三嶋大社へ歩を進める。

沢山のテキヤが並ぶも、あまり売れていないようだった。三嶋大社へ入ると、素晴らしい建造物が現れる。

f:id:hide0406:20210111155224j:imagef:id:hide0406:20210111155248j:image

あまり混んで無く、並ぶ事無く参拝が出来た。

御朱印を拝借しに社務所へ向かうと、嫁と遭遇する。嫁は既に御朱印を拝借していた。どうやら、貼るタイプのようだ。私は、貼るタイプの御朱印に興味を持てない。

嫁の参拝を済ませて帰ろうとすると、嫁は「おみくじを引きたい。」と言い出す。

嫁は、おみくじを引くも小吉だった。

嫁は納得できず、もう一度おみくじを引くと言い出す。どうやら大吉が出るまで、引き続ける気らしい。

私は、もう一度おみくじを引こうとしている嫁を連れて、定食屋を探す。

そう、もうランチの時間だ。

辿り着いたお店が、ふくろく寿。

f:id:hide0406:20210111192913j:image

私は、海老天おろしそばと天丼を頼む。

f:id:hide0406:20210111193133j:imagef:id:hide0406:20210111193146j:image

私は蕎麦屋の天丼が大好きだ!

嫁は海老天うどんを頼んだが、七味唐辛子を大量にかけた為、絵的に美しく無い。画像は、割愛させていただく。

天丼も蕎麦も、優しい味だった。

40分1,000円する駐車場の為、早速三嶋を後にする。驚いた事に、駐車場の料金がクレジットカードで支払えるようになっていた。現金を持たなくても良い時代が、ソコまで来ている気がしていた。嬉しい限りだ。勿論帰りも嫁は爆睡だ。まるでドコかの、お姫様だなっ!私の期待通り嫁が、参考書を開いたのは最初の数秒だけだった。

f:id:hide0406:20210111195618j:image

 

 

 

年末2020年最後の洗車

今年最後の洗車が雨とは、私の気分はあまりよろしくない。それでも、ガソリンスタンドのスタッフは頑張って、私の86を綺麗にしてくれた。

f:id:hide0406:20201228101528j:image

今年一年、86は特にトラブルも無く良く走ってくれた。そんな86も、14万キロを超える。

f:id:hide0406:20201228101900j:image

来年、車検が訪れるがその時はおそらく15万キロを超えているだろうと思われる。

そろそろ、クラッチとブレーキパッドが無くなる頃合いだと思う。

私の86は、まだ1度もクラッチを交換した事が無い。

私の認識として、クラッチは10万キロ保てば良い方だと思っていたが、最近のクラッチは持ちが良い。

私は、クラッチの限界まで交換を控えようと思う。クラッチが何10万キロ持つのか、非常に気になる。

そんな私に、御朱印収集家の池田さんは頑なにクラッチ交換時、軽量フライホイールの同時交換を薦めてくる。

ソコで私は、HKSのLAクラッチを選択しようと思う。

f:id:hide0406:20201228104818j:image

この商品には、軽量フライホイールまでついてくる。素晴らしい。

そしてブレーキパッドは、TRDのサーキットブレーキパッドを選択しようと思う。

f:id:hide0406:20201228105700j:image

私がお世話になっている佐藤商会曰く、86のキャリパーは優秀らしい。そして、私の運転技術ではキャリパーまで交換の必要は無いらしい。

今年はコロナウイルスの流行により、私の86の総走行距離はあまり伸びる事は無かった。

来年は、コロナウイルスが終息している事を切に願う。

 

 

龍雲寺 浜松市

先週、本屋へ立ち寄った時に嫁が立ち読みしていた雑誌に載っていた龍雲寺。

早速、行ってみようという話になった。

検索してみると、浜松市の入野町にあった。

入野町付近まで来ると、思い出したくも無い忌わしい記憶が甦る。

私は10代の頃、入野町付近を遊び場にしていた事があった。

そんな話を嫁としながら、龍雲寺は突然現れた。

f:id:hide0406:20200831171106j:image

86から降りると、いきなり喫煙所を発見。

愛煙家に、優しい寺だ。

中門をくぐると、素晴らしい庭が現る。

f:id:hide0406:20200831171821j:image

良く整備されている。

本殿に入ると仏様が出迎えている。

f:id:hide0406:20200831191327j:image

そして歩を進めると、立派な庭が現る。

f:id:hide0406:20200831191618j:image
f:id:hide0406:20200831191555j:image
f:id:hide0406:20200831191607j:image

池の大きな鯉達が、餌欲しさに集結する。

f:id:hide0406:20200831191754j:image

更に歩を進めると、資料館の様になっていた。

f:id:hide0406:20200831191939j:image
f:id:hide0406:20200831191959j:image
f:id:hide0406:20200831191948j:image

そして、圧巻の般若心経。

f:id:hide0406:20200831192300j:image
f:id:hide0406:20200831192309j:image

そして更に歩を進めると、

f:id:hide0406:20200831192413j:image

光の納骨堂。不思議な光景。

未来の寺の在り方の様な気がした。

これで、拝観料が無料とは。

私も嫁も、とても充実した時間を過ごせた。

f:id:hide0406:20200831193435j:image

 

 

油山寺へ

嫁が2週続けて、海に行きたいと言い出した。

私は、フッと御朱印収集家の池田さんの言葉を思い出す。

法多山、油山寺、可睡斎は良かったゾ〜。」

私は嫁に

「油山寺に行く!」

と告げる。私には、嫁の想像を超えなければならない責務がある。

私は、真夏の熱に温められた86に乗り込む。

まるで、サウナの状態だ。

とりあえず腹拵えに、焼肉屋さんを目指す。

嫁が焼肉が食べたいと聞くのは、私が嫁と出会って5年以上経つが、コレが2度目だ。

嫁が選択した店が、近所にある火の蔵だ。

f:id:hide0406:20200824210229j:image

値段はリーズナブルな割に、良質な肉だった。

私達は、油山寺を目指す。

道中、順調に進むも86のエアコンの効きが弱い。

私は、汗をかきながら86を運転するも助手席の嫁は、冷ややかだ。

私は嫁に、暑くないのか?と尋ねる。

すると、嫁は全然と答える。

私の代謝が上がっているということか?

私は嫁と結婚する時に

「デブとハゲはイヤだ!」

と断言されている。

故に私は日々、トレーニングを欠かさないし、食生活にも気を遣っている。

そうこうしているうちに、油山寺に着く。

f:id:hide0406:20200824211727j:image

私の記憶の中に残る油山寺は、小学校の遠足に来た時の事だ。

あの時の私は、寺社よりも城に夢中だった。

私は步を進める。

f:id:hide0406:20200824212436j:image

f:id:hide0406:20200824212526j:image
f:id:hide0406:20200824212506j:image
f:id:hide0406:20200824212451j:image
f:id:hide0406:20200824212517j:image

私は、幼き頃気付けなかった油山寺の素晴らしさに気付く。

f:id:hide0406:20200824212726j:image
f:id:hide0406:20200824212716j:image

そして、愛煙家への気遣いが素晴らしい。

私達は御朱印と厄除を拝借し、油山寺を後にする。

帰り道、嫁が野菜を買いたいと言う。

f:id:hide0406:20200824213848j:image

嫁がファーマーズマーケットに寄りたいと言う。

f:id:hide0406:20200824214016j:image

嫁は有難い事に、良く私の体調管理に気遣ってくれている。

そして、私の家に来てくれた厄除の雷神様。

f:id:hide0406:20200824214617j:image