私の86感

86のある暮らし

初詣 2021

私の正月休みも終わりを迎える頃、嫁が初詣に行きたいと言い出す。

「ドコへ行くか、考えといて!」

と嫁に言われ、私は前々から興味を示していた三嶋大社に決めた。

次の休みの日は、朝からガソリンスタンドで洗車を予約していたので、ガソリンスタンドへ向かうとガソリンスタンドの従業員に、

「すいませんが水回りが凍っていて、洗車ができません。」

と言われ、86にハイオクを入れてガソリンスタンドを去る。

自宅へ戻り、嫁に初詣に出掛ける支度をさせる。

嫁の支度は無駄に時間がかかり、無駄に荷物が多い。嫁は今、国家試験前の為参考書を持って行くと言って、私の言う事を効かない。

私は、嫁以上に嫁の事を知っている。

嫁は出掛けてる間、参考書を開く事は無いと私は思っている。

私は三嶋大社へ向け、86に嫁を乗せて走らせる。

嫁は意固地になったのか、早速参考書を開くも爆睡する。嫁は、私の期待を決して裏切らない。

東名高速道路に入ると、最高速度の看板が120になっている。

私は120キロクルージングを楽しむも、眠っていた嫁に水を差される。

「トイレへ行きたい!」

f:id:hide0406:20210111153907j:image

私は、掛川PAに86を停める。

私も念の為、トイレへ行っておく。

86へ戻るとガラガラの駐車場の中、何故か86の横へ土浦ナンバーの車が、わざわざ停まっている。

私はとても、疑問に思う。何故だ!嫌がらせか?

私は、土浦ナンバーの車の持ち主が戻って来る前に、掛川PAを後にする。

すると助手席の嫁は、早くも爆睡する。

私は86を軽快に走らせ、「アッ」という間に三嶋大社へ着いてしまう。

f:id:hide0406:20210111154754j:image

140キロという距離は、私にとっては物足りない。

嫁が喫煙所で煙草を吸っている時間を、私は待てず三嶋大社へ歩を進める。

沢山のテキヤが並ぶも、あまり売れていないようだった。三嶋大社へ入ると、素晴らしい建造物が現れる。

f:id:hide0406:20210111155224j:imagef:id:hide0406:20210111155248j:image

あまり混んで無く、並ぶ事無く参拝が出来た。

御朱印を拝借しに社務所へ向かうと、嫁と遭遇する。嫁は既に御朱印を拝借していた。どうやら、貼るタイプのようだ。私は、貼るタイプの御朱印に興味を持てない。

嫁の参拝を済ませて帰ろうとすると、嫁は「おみくじを引きたい。」と言い出す。

嫁は、おみくじを引くも小吉だった。

嫁は納得できず、もう一度おみくじを引くと言い出す。どうやら大吉が出るまで、引き続ける気らしい。

私は、もう一度おみくじを引こうとしている嫁を連れて、定食屋を探す。

そう、もうランチの時間だ。

辿り着いたお店が、ふくろく寿。

f:id:hide0406:20210111192913j:image

私は、海老天おろしそばと天丼を頼む。

f:id:hide0406:20210111193133j:imagef:id:hide0406:20210111193146j:image

私は蕎麦屋の天丼が大好きだ!

嫁は海老天うどんを頼んだが、七味唐辛子を大量にかけた為、絵的に美しく無い。画像は、割愛させていただく。

天丼も蕎麦も、優しい味だった。

40分1,000円する駐車場の為、早速三嶋を後にする。驚いた事に、駐車場の料金がクレジットカードで支払えるようになっていた。現金を持たなくても良い時代が、ソコまで来ている気がしていた。嬉しい限りだ。勿論帰りも嫁は爆睡だ。まるでドコかの、お姫様だなっ!私の期待通り嫁が、参考書を開いたのは最初の数秒だけだった。

f:id:hide0406:20210111195618j:image

 

 

 

年末2020年最後の洗車

今年最後の洗車が雨とは、私の気分はあまりよろしくない。それでも、ガソリンスタンドのスタッフは頑張って、私の86を綺麗にしてくれた。

f:id:hide0406:20201228101528j:image

今年一年、86は特にトラブルも無く良く走ってくれた。そんな86も、14万キロを超える。

f:id:hide0406:20201228101900j:image

来年、車検が訪れるがその時はおそらく15万キロを超えているだろうと思われる。

そろそろ、クラッチとブレーキパッドが無くなる頃合いだと思う。

私の86は、まだ1度もクラッチを交換した事が無い。

私の認識として、クラッチは10万キロ保てば良い方だと思っていたが、最近のクラッチは持ちが良い。

私は、クラッチの限界まで交換を控えようと思う。クラッチが何10万キロ持つのか、非常に気になる。

そんな私に、御朱印収集家の池田さんは頑なにクラッチ交換時、軽量フライホイールの同時交換を薦めてくる。

ソコで私は、HKSのLAクラッチを選択しようと思う。

f:id:hide0406:20201228104818j:image

この商品には、軽量フライホイールまでついてくる。素晴らしい。

そしてブレーキパッドは、TRDのサーキットブレーキパッドを選択しようと思う。

f:id:hide0406:20201228105700j:image

私がお世話になっている佐藤商会曰く、86のキャリパーは優秀らしい。そして、私の運転技術ではキャリパーまで交換の必要は無いらしい。

今年はコロナウイルスの流行により、私の86の総走行距離はあまり伸びる事は無かった。

来年は、コロナウイルスが終息している事を切に願う。

 

 

龍雲寺 浜松市

先週、本屋へ立ち寄った時に嫁が立ち読みしていた雑誌に載っていた龍雲寺。

早速、行ってみようという話になった。

検索してみると、浜松市の入野町にあった。

入野町付近まで来ると、思い出したくも無い忌わしい記憶が甦る。

私は10代の頃、入野町付近を遊び場にしていた事があった。

そんな話を嫁としながら、龍雲寺は突然現れた。

f:id:hide0406:20200831171106j:image

86から降りると、いきなり喫煙所を発見。

愛煙家に、優しい寺だ。

中門をくぐると、素晴らしい庭が現る。

f:id:hide0406:20200831171821j:image

良く整備されている。

本殿に入ると仏様が出迎えている。

f:id:hide0406:20200831191327j:image

そして歩を進めると、立派な庭が現る。

f:id:hide0406:20200831191618j:image
f:id:hide0406:20200831191555j:image
f:id:hide0406:20200831191607j:image

池の大きな鯉達が、餌欲しさに集結する。

f:id:hide0406:20200831191754j:image

更に歩を進めると、資料館の様になっていた。

f:id:hide0406:20200831191939j:image
f:id:hide0406:20200831191959j:image
f:id:hide0406:20200831191948j:image

そして、圧巻の般若心経。

f:id:hide0406:20200831192300j:image
f:id:hide0406:20200831192309j:image

そして更に歩を進めると、

f:id:hide0406:20200831192413j:image

光の納骨堂。不思議な光景。

未来の寺の在り方の様な気がした。

これで、拝観料が無料とは。

私も嫁も、とても充実した時間を過ごせた。

f:id:hide0406:20200831193435j:image

 

 

油山寺へ

嫁が2週続けて、海に行きたいと言い出した。

私は、フッと御朱印収集家の池田さんの言葉を思い出す。

法多山、油山寺、可睡斎は良かったゾ〜。」

私は嫁に

「油山寺に行く!」

と告げる。私には、嫁の想像を超えなければならない責務がある。

私は、真夏の熱に温められた86に乗り込む。

まるで、サウナの状態だ。

とりあえず腹拵えに、焼肉屋さんを目指す。

嫁が焼肉が食べたいと聞くのは、私が嫁と出会って5年以上経つが、コレが2度目だ。

嫁が選択した店が、近所にある火の蔵だ。

f:id:hide0406:20200824210229j:image

値段はリーズナブルな割に、良質な肉だった。

私達は、油山寺を目指す。

道中、順調に進むも86のエアコンの効きが弱い。

私は、汗をかきながら86を運転するも助手席の嫁は、冷ややかだ。

私は嫁に、暑くないのか?と尋ねる。

すると、嫁は全然と答える。

私の代謝が上がっているということか?

私は嫁と結婚する時に

「デブとハゲはイヤだ!」

と断言されている。

故に私は日々、トレーニングを欠かさないし、食生活にも気を遣っている。

そうこうしているうちに、油山寺に着く。

f:id:hide0406:20200824211727j:image

私の記憶の中に残る油山寺は、小学校の遠足に来た時の事だ。

あの時の私は、寺社よりも城に夢中だった。

私は步を進める。

f:id:hide0406:20200824212436j:image

f:id:hide0406:20200824212526j:image
f:id:hide0406:20200824212506j:image
f:id:hide0406:20200824212451j:image
f:id:hide0406:20200824212517j:image

私は、幼き頃気付けなかった油山寺の素晴らしさに気付く。

f:id:hide0406:20200824212726j:image
f:id:hide0406:20200824212716j:image

そして、愛煙家への気遣いが素晴らしい。

私達は御朱印と厄除を拝借し、油山寺を後にする。

帰り道、嫁が野菜を買いたいと言う。

f:id:hide0406:20200824213848j:image

嫁がファーマーズマーケットに寄りたいと言う。

f:id:hide0406:20200824214016j:image

嫁は有難い事に、良く私の体調管理に気遣ってくれている。

そして、私の家に来てくれた厄除の雷神様。

f:id:hide0406:20200824214617j:image

 

 

 

 

 

お盆休み最終日 2020

私はお盆休み最終日、自宅にてゆっくり過ごそうとしていた。が、嫁の一言で覆る。

「海が見たい!」

嫁は最近、仕事&家事&勉強を頑張っている。

良き息抜きになると思い、86のエンジンに火が入る。

私も受験生の為、出発は午後になる。

となると、見られる海は限られる。

とりあえず私の空腹を満たす事も考え、辰巳を目指す。

日本一高い気温を叩き出した浜松市

私の86のエアコンも、全然効かない。

エアコンMAXなのに、何故か汗をかきながら86を運転している。

辰巳に着く頃、時計の針は1時を指していた。

f:id:hide0406:20200817193506j:image

店の駐車場はガラガラだった。迷わず入店するも満席だった為、直ぐに店を出る。

コロナウイルスがまだ収束していない為、真夏の暑い中、外の喫煙所にて順番を待つ。

数分経つと、先に案内される。

辰巳常連の私は、既にメニューは決まっていた。

f:id:hide0406:20200817194725j:image

あまりの美味しさに、直ぐに食べ終えてしまう。

嫁の食べ終わるのを待ち、店を出る。

海を見るにはまだ暑過ぎる為、伊良湖岬を目指す。

伊良湖岬への道のりは、私には少々退屈だ。

居眠りしそうな目を擦りながら、86を運転する。

伊良湖岬へ着くと、何故か嫁のテンション downしていた。

f:id:hide0406:20200817195717j:image

せっかく嫁の要望に応えて海に来ているのに、嫁はスマホゲームに勤しむ。

私はガッカリしながら、カキ氷を食べる。

f:id:hide0406:20200817195918j:image

カキ氷を食べ終わると、私は帰路に着く。

スマホゲームをやるなら、海に来なくてもいいじゃん!と私は思う。

f:id:hide0406:20200817200122j:image

 

 

夏に備えて

私が以前所有していたポルテ。

8年を超えた辺りから、夏場エアコンを使用すると悪臭を放つようになっていた。

当時、エアコンの悪臭を私のポルテを担当していた内山に相談してみると、エアコンを交換する以外に解決策は無いと言われる。

軽く20万円コースである。

現在所有している86も、もうじき7年が経つ。

私は、そろそろ86のエアコンから出るであろう悪臭の対策を考えていた。

行き付けのガソリンスタンドへ、86のボディコーティングをしに行った時に、フッと目に入る。

f:id:hide0406:20200629103832j:image

私は、店員さんに商品の説明を聞きよく吟味し、購入する事に。

私が、車のエアコンについて学んだ時、エアコンガスは、補充がメインで車の事故等にてエアコンの交換や修理等の時にエアコンを真空引きしてエアコンガスを入れていた。しかし、現在では、真空引きをしてエアコンガスを定期的に交換する事によって、エアコン内を綺麗に保つらしい。

このワコーズのパワーエアコンプラスによって、86のエアコン吹き出し口から悪臭が出ない事を切に願う。

f:id:hide0406:20200629122136j:image

 

嫁の姪っ子に会いに飯田市へ

とある嫁との会話のなか、嫁が仕事に余裕ができたから産まれたばかりの姪っ子に会いに行く。と言う。

私は産まれたばかりの子供に、正直あまり興味がない。可愛いという感情はあるのだが、それ以上の感情がまるで無い。私にもし子供ができたら、我が子を愛せるか?自信がない。

「姪っ子に会える時に、会っておきたい。」

嫁の放った言葉が私の心を動かす。

きっと嫁は、姪っ子に会いに行かなければ後悔するだろうと思い、私も同行する。

前日沼津に宿泊していた為、朝7時から86を走らせ自宅へ向かう。

東名高速道路が、日曜日のせいかコロナウイルスのせいか静岡インターチェンジまで、殆ど車が走ってはいなかった。

が、私は安全運転にて走行する。

自宅に着く頃、私は既に疲れていた。これから飯田市へ向かうというのに。

自宅に着いて暫くすると、嫁が半休をとって帰って来る。

嫁の出発準備が整い、ガソリンを満タンにし飯田市へ86を走らせる。

も、前日深夜遅くまで沼津にてお酒を飲んでいた為か、尿意が短時間的に刻む。

そのおかげで、飯田市まで4時間近くかかってしまう。

f:id:hide0406:20200615223645j:image

嫁の実家鈴木家に着くなり、嫁は産まれて3ヶ月の姪っ子を抱きに行く。

私は早る嫁に、消毒を促す。

私は鈴木家に来るのは久しぶりだが、嫁の両親は今までになく私に気遣いしてるような気がする。

が、私にとっては丁度良い距離感な為、気にしない事にする。

義理の弟が切り盛りする居酒屋にて、宴会が行われた。

義理の弟の粋な計らいで、特別メニューが振舞われる。

私はVIP待遇が大好物な為、普段気にしているカロリーを気にせず、食事を楽しむ。

鈴木家に戻ると私は、爆睡してしまう。

翌朝目覚めると、体中痛い。床で寝ていた。

私は、朝のルーティンを済ませ消毒をして、嫁の姪っ子を抱かせてもらうが、絵にならない。

そして、私の今回の目的地元善光寺に86を走らせる。

f:id:hide0406:20200615225002j:image
f:id:hide0406:20200615224913j:image
f:id:hide0406:20200615224948j:image
f:id:hide0406:20200615224923j:image
f:id:hide0406:20200615224934j:image

善光寺に劣るが、素晴らしい建築物&庭園である。

コロナウイルスの影響により、御朱印は既に書かれてあるモノを御朱印帳に貼るシステムになっていた為、諦める事に。

私の中の、つまらないルールだ。

そして、昼食を昨晩宴会が開かれた藍花で摂ることに。昨晩シメに出てきたザルラーメンが、忘れられなかった。

f:id:hide0406:20200615225444j:image
f:id:hide0406:20200615225455j:image

食後のデザートに、向かいのジャスコの中に店舗を構えるタピオカをチョイス。

ココのタピオカ屋は、並ばずに買える。

f:id:hide0406:20200615225820j:image
f:id:hide0406:20200615225810j:image
f:id:hide0406:20200615225800j:image

藍花に戻ると、義理の妹が義理の弟の実家を案内してくれるとの事。

義理の弟の実家は、創業400年を超える老舗の醤油&味噌を製造販売する松岡屋だ。

私は、1度訪れてみたかった。

松岡屋に着くと義理の弟の両親が、暖かく出迎えてくれた。

f:id:hide0406:20200615231424j:image
f:id:hide0406:20200615231436j:image
f:id:hide0406:20200615231447j:image

そして工場見学をさせてもらい、社長自ら醤油の製造工程や、新商品開発、品質改良等興味深いお話をしていただいた。とても、素晴らしい仕事をされていた。

私は気付くと、松岡屋のファンになってしまっていた。

そして、帰路に着く。

途中、嫁がこの季節に林檎を買って行くと言うも、あるはずがない。

f:id:hide0406:20200615232338j:image
f:id:hide0406:20200615232349j:image

f:id:hide0406:20200615232702j:image

信州新野千石平の道の駅にて、手作りコンニャクを購入。私の中では、ココのコンニャクは別格に好みである。

自宅に着く頃、時計の針は17時を指していた。