私の86感

私の愛車の物語です。

辛いカレー

私の職場では日曜日に仕事のある時、昼食はラーメンを食べに行く習慣がある。

そんなある日、職場の近くにカレー屋さんがあるから、次の日曜日出勤の時に食べに行こうという話になった。

辛いモノが苦手な私には、少々不安が募る。

そして次の日曜日出勤、カレーショップきしばたへ行く事になる。

流石は日曜日。並ばなければ店内に入れなかった。待つ事30分、ようやく食券を買い席に着けた。

私は、ドライカツカレー特盛を中辛で注文。この後、私は後悔する事になる。

私の前に現れたドライカツカレーは、結構なボリュームだ。ひと口食べると辛い。

ドライカレーとカレーのダブルで辛い。

何故、初めての店で辛さも確かめず特盛を頼んでしまったのか?調子に乗ってしまっていた。

そして、待ち時間に30分使ってしまった為、昼休みの時間が無い。

私は、ひたすらカレーを水で流し込む。

久しぶりに、辛い食事になった。

私は、次の休日に嫁をココに連れて来ようと思った。それは、嫁が辛いモノが好きで得意だからである。

翌休日、嫁を連れて再びカレーショップきしばたへ。

朝9時に家を出る予定だったが、私の寝坊で30分遅れる。私とした事が、何たる失態。

急いで準備をし、86に乗り込む。

暖機がてらコンビニに寄り、タバコを買う。

この時、嫁はハイボールを購入していた。

全くもって、懲りてない嫁に説教をする。

そして、取り敢えず出発する。

私は、まだ時間に余裕がある為150号線にて、目的地に向かう。1車線の為か、のんびりと運転する。

途中、トイレ休憩の為コンビニに寄ると嫁は酎ハイを購入。私は呆れて、沈黙する。嫁の話すら、上の空である。

途中、道を間違えながらも何とかカレーショップきしばたへ無事到着。

平日なのとお昼前という事なのか、すんなりと席に着く事が出来た。

私は、恥じらいも無く白米のカツカレー甘口を注文。嫁は、ドライチキンカツカレーを辛口で注文。

私は、甘口で十分だ。

嫁は辛口を頼むも、

「全然辛くない。でも、美味しい辛さだ。」

私は、辛さに美味い、不味いがあるなんて知らなかった。

そして、嫁をギャフンと言わせられなかった事に、とても残念だ。

カレーを平らげた後、吉田にある小山城に行こうとスマホにて検索するも、月曜日定休日とある。

城に定休日がある事に、私は呆れた。

この小山城、かの有名な武田信玄公の武田二十四将の一人、馬場信春が築城したのだ。

武田信玄公が海を手に入れていた事に、私は驚いた。とても、興味をそそられる。

嫁が飛行機を見たいという事で、静岡空港に向かう。

途中、心細い道になるも静岡空港に到着。

静岡空港の中に入っているカフェにて、パンケーキを注文。自分自身への御褒美だ。

展望台へ飛行機を見に行くも、飛行機の姿は無かった。静岡空港、大丈夫か?

今日は、散々な日だ。

私は帰路に着いた。f:id:hide0406:20190317131129j:image
f:id:hide0406:20190317131150j:image
f:id:hide0406:20190317131224j:image
f:id:hide0406:20190317131117j:image
f:id:hide0406:20190317131213j:image
f:id:hide0406:20190317131139j:image
f:id:hide0406:20190317131202j:image
f:id:hide0406:20190317131105j:image

 

宿敵現る

1年ぐらい前、私の職場に異動して来た鈴木G長。

話しているうちに、自宅が近所である事が判明。

私は、プライベートまで監視されている様で嫌だったが、人物的には憎めない人柄だった為、いつの間にか仲良くなっていた。仲良くなっている気でいるのは、私だけなのかも知れないが。

私は、彼の所有する車を見て驚いた。

覆面パトカーと同じ車だったからだ。色まで一緒とは、畏れ入る。

度々帰りが一緒になるが、私の心中は穏やかでは無い。

私は、鈴木G長に

「いい加減、車替えて下さいよ~。生きた心地がしない。」

と進言するも、毎回笑顔で交わされる。困ったモノだ。

そんなある日の帰り道、会社を出て1個目の信号機で鈴木G長の乗るクラウンに出会す。

私は距離をとって走行するが、私のホームコースでもある地蔵峠で千切られそうになる。着いて行くのにいっぱいいっぱいだ。

こんな近くに、好敵手がいるとは!

灯台下暗しとは、よく言ったモノだ。

ココで千切られては、地蔵峠の白い閃光と謳われた私の沽券に関わる。

夜間だったが、条件は相手も一緒だ。言い訳にはならない。

私は、右へ左へハンドルを切りながらも、アクセルを踏み込む。

何とかクラウンのテールランプが消えなくて済んだ。私のプライドも保たれた。

そして、高速道路へ進入。

私は、出鼻から挫かれる。

彼にとって、ETCレーンなど関係ない。

アクセルも緩めず、ETCレーンに突っ込んで行く。

私が高速道路へ入ると、彼のクラウンの姿が既に無かった。

私はパトカーを気にしながらも、アクセルを踏み込む。

しばらく86を走らせると、彼の車か覆面パトカーか悩む私がいる。

全くもって、迷惑な話だ。

私は距離をとって警戒しながら、クラウンの背後に着く。

しばらく追走すると、前が詰まっている。

前方のクラウンは、赤灯も付けずに一般車線から抜きにかかる。

私の中で、クラウンが鈴木G長だと確信する。

私は、アクセルを踏み込む。

2台の車は、猛スピードで自宅まで走らせる。

なかなか良い走りをするではないか。クラウンも鈴木G長も。

久しぶりに、楽しい夜だった。

翌朝、鈴木G長も気付いていた様で。

その夜を境に、お互いの走りを認め合う様になった。

が、毎晩は勘弁願いたい。

命がいくつあっても足りない。

そう思わせる走りだった。

f:id:hide0406:20190312102005j:image

 

 

いざ熱海城へ!

私は、車検後の86の調子を診る為に86で日帰り旅行に出かける事にした。

行き先は、熱海城だ。

コレには、理由があった。

職場の喫煙所にて煙草を吹かしていると、上司の森さんが煙草を吸いに喫煙所に入って来た。

どうやら、休日に熱海に行って来たらしい。

そんな森さんが、

熱海城、良かったよ。」

熱海城の存在を知らない私は、

「熱海に城あるんですか?」

と返答すると、森さんは

「城好きなくせに、熱海城も知らんのか?」

と、鬼の形相をし怒鳴りつける。

この時私は、決心する。

必ず熱海城へ行くと。

当日早朝、私がガソリンを入れている間、嫁はコンビニでハイボールを買っていた。朝から、ハイボールとは嫁には畏れ入る。ガソリンを満タンにし、熱海へ向かう。

助手席に嫁を乗せている為、安全に運転する。

熱海に近付くにつれ、嫁が酔いだす。

おいおい、勘弁してくれ。

伊豆縦貫道を降りると、急な勾配の下り坂が続く。

恐るべし熱海、こんなに険しい道のりだったとは!

私は、車もバイクも山道が嫌いだ。危険がたくさん転がっているからだ。周囲には好んで山道に行く輩がいるが、私には理解不能だ。

熱海に着く頃には、私の精神はズタボロになっていた。帰りの道のりの事を考えると、憂鬱になる。

熱海城が見えだすと、嫁のテンションが上がる。

私は、森さんから

熱海城へ行くなら、ロープウェイだ!」

と言われていた。

ロープウェイの乗り場を探すが、なかなか見つからない。しばらく熱海城付近を徘徊していると、ロープウェイ乗り場を発見。

私は、安堵した。

86を駐車場に停め、ロープウェイ乗り場でチケットを購入。次いでに、秘宝館のセットチケットを勧められ、嫁にどうするのか聞くと秘宝館へ行きたいとの事。

ロープウェイに乗ると、アナウンスで世界1短いロープウェイと紹介があった。しかも、後楽園ホテルが目の前にあり、熱海の景色がイマイチだった。

雨が降る中、熱海城を目指す。

アッと言う間に、熱海城に着く。

私の熱海城の感想は、方向性が見えない。

何処へ向かっているのだろうか?この城は、何でも有りだな。

ただ、一階の甲冑&日本刀の展示は楽しめた。私は、日本刀が大好きだ。とても、美しい。

隣の、トリックアート迷宮館へも足を運ぶ。

嫁が写真撮影のセンスが無い為、全然楽しめない。

そして秘宝館へ。

秘宝館は、久しぶりだった。

昭和の香りがする。

嫁はイメージと違ったらしく、眉間にシワが寄る。

ロープウェイに再度乗り帰って来ると、腹が減っていた。ロープウェイ乗り場の向かいの浜焼きの店に入る。

嫁の第一声が、

ハイボール、濃いめで!」

まったくコイツは!

私も呑みたかったが、飲酒運転になる為我慢。

私は、贅沢に海鮮丼、アラ汁、アワビのバター焼きを注文。嫁は、ハイボール、ホタテのバター焼き、唐揚げを注文。

熱海で唐揚げ?やれやれだぜ。

帰りに、また酷い山道を走る。今度は上り坂だ。坂道発進が苦手な私は、信号が赤にならないよう祈りながら走る。静岡市久能山東照宮へ86を走らせる。

嫁、助手席で爆睡。まるで、お姫様だなっ。静岡市に着くとイチゴ狩り通りは、全て閉店していた。

残念だ。

久能山東照宮へ着くと助手席の嫁を起こす。

私は、嫁に

「さぁ、登るぜ!」

雨で石段が濡れている為、クロックスの私は滑りやすい。

気を付けながら石段を登るも、振向くと嫁はかなり遅れをとっていた。

私よりも、9つも若いのに。

アッと言う間に、料金所に着いてしまう。

まだまだ私も、捨てたものではない。

嫁を待っていると、どうやら嫁は途中で吐いてしまったらしい。

私は嫁に、

「上で家康さんの遺骨があるから、謝ってくれ。」

と悟す。

全く、人の墓で吐くとは困ったモノだ。

登り切ると、雨は土砂降り。

お陰で、私と嫁はぐっしょりだ。

急いで86に乗り込み、帰路に着く。

途中、牧之原のSAに寄る。

嫁は、

「熱海は泊まりで来たいね。」

と言うが、私は行く前から気づいていた。日帰りは、キツい事に。

f:id:hide0406:20190310201650j:image
f:id:hide0406:20190310201620j:image
f:id:hide0406:20190310201344j:imagef:id:hide0406:20190310202227j:image
f:id:hide0406:20190310201717j:image
f:id:hide0406:20190310201314j:image
f:id:hide0406:20190310201605j:image
f:id:hide0406:20190310201551j:image
f:id:hide0406:20190310201537j:image
f:id:hide0406:20190310201704j:image
f:id:hide0406:20190310201728j:image
f:id:hide0406:20190310201631j:image
f:id:hide0406:20190310201523j:image
f:id:hide0406:20190310201448j:image
f:id:hide0406:20190310201512j:image
f:id:hide0406:20190310201421j:image
f:id:hide0406:20190310201325j:image
f:id:hide0406:20190310201459j:image

平成最後の車検

私はかなり前から、車検の内容に悩まされていた。

2年間で、6万キロ近く86は走ってくれている。

車検の時ぐらいは、贅沢に奢ってやろうと思う。

全オイルの交換。ブレーキフルードは、dot5を選択。

前回サーキット走行をした時の帰り道、ブレーキを踏むとフワフワ感があった。

これが噂のフェード現象と言うヤツか?

純正はdot3。dot4とdot5の値段は、そんなに違わない。

そして、前から変えたかったシフトノブを交換する。ようやく、納得できるシフトノブを見つけた。トムスのシフトノブだ。

早速行き着けのディーラーに車検を出すも、ブレーキキャリパーの蛇腹が破れている為、車検を通さずに返される。

私の86は、一筋縄では行かない。

何故、キャリパーの蛇腹が破れているのか?謎であった。

私は、二昔前整備士をしていた。10年間車検整備をしたり検査をしていたが、キャリパーの蛇腹が破れている車は、10年前の車ぐらいだった。それも、軽く10万キロ越えの車が数台だけだった。

それから、10年以上経つ。

ブレーキの性能も、蛇腹の質も格段に向上している筈だ。

そして、もう一つ謎が

それは、保安基準に適合しない車両をお客に返却する事だ。店側の事情も分かるが、人としてどうだろうか?

日数を空けて再び車検に挑む。

無事、車検が通される。

私は、久しぶりにホッとした。

車検時、営業担当の内山に前々から気になっていた脱着式クイック リリース ステアリングボスが、車検対応なのか訊いてみると調べもせず、

「グレーですね。」

と返答してくる始末。

最近、私の周囲でやたらとグレーという言葉を聞くが、私はグレーという言葉が好きではない。

黒か白か、はっきりして欲しいモノだ。

己の無知を棚に上げて、グレー・グレーと連呼する。ネットという便利なモノが世間に普及されていて莫大な情報を簡単に調べる事ができるのにも関わらず、調べもせずグレーだと!どうかしてるぜ。内山!

f:id:hide0406:20190302221723j:imagef:id:hide0406:20190302221759j:image

便利な世の中

少し前の事だがサーキット場に行った時、RX-8に乗るお兄ちゃんが車から降りる時に、簡単にステアリングを外していた。

「何だ?それは?」

私も、その取外し可能なステアリングが欲しくなった。

何故なら、私の86にはロールゲージ&バケットシートが取り付けてあり、乗降りがとても困難なのだ。

私は、早速行き着けの佐藤商会へ連絡した。

数あるクイックリリースボスの中から、車検に対応しているラフィックスに決めた。

それは、ネットには無い長年培われたショップの経験や知識を信用したからだ。

ステアリングは色々悩んだが、昔からの定番ナルディに決めた。

いつか自分の車に取り付けたいと思っていたが、取り付けるのに軽く23年の月日が経ってしまっていた。

私の周囲の会話でも、いつか・いつの日か等よく聞くが、意外とそんな日は来ない。

私はなるべく、いつか・いつの日か等の言葉は使わないように気を付けている。

実際ラフィックス&ナルディのステアリングを取り付けると、確かにステアリングが簡単に取り外せる為、乗降りが便利になった。

しかし、ナルディのステアリングの径が小さくなったのとステアリングが細くなった為、ステアリングの切り返しが重くなり、路面の段差や轍を敏感に拾うようになってしまった。

メーカーは、よく考えて造られていると関心させられる。

何かを得る為には、何かを失う。よくある話だ。

私は、何が1番大事か忘れないようにしている。それを忘れると、本末転倒になってしまう。

慣らしも兼ねて、沼津から浜松まで86を走らせる。

最初は頼りなかったナルディのステアリングだが、慣れてくると軽快に86を走らせる事ができる。

だが、ココで調子に乗ると痛い目をみる事を私は知っている。

暫くは、気を付けねば!と心に刻む。

家に着くと、得意げにステアリングを外した。f:id:hide0406:20190213164520j:imagef:id:hide0406:20190213164548j:image

2019年 初詣

年が明けて1月1日、私は早々に済ませておきたい行事があった。それは、厄払いだった。

私の最後の厄払い、後厄と云うヤツだ。

若い頃は全く気にしていなかったが、先輩が厄年の時、先輩の厄が周囲に飛散したのだ。

それは、単なる偶然なのかもしれない。

しかし、後悔の無いように生きる私には、運が悪かったなどとは言えない。

親族の挨拶回りを終えて、早速行き着けの神社井伊谷宮へ向かう。

セブンイレブンを左折すると、渋滞していた。

私は来週にしようと、引き返した。

そして翌週、井伊谷宮へ向かう。

先週とは違い井伊谷宮は、ガラガラだった。

しかし、お祓い場は団体さんでいっぱいだった。

私の中では、お祓いや参拝は少数に限る。

団体だと、神様は誰のお祓いやお願いなのか訳が分からないのではないか?と思ってしまう。

神主に、団体さんと別にお祓いしてもらえるようお願いするも、虚しく却下されてしまう。

仕方無く団体さんと一緒にお祓いして貰ったが、去年は神主さんが3人居た気がするが、今年は1人だけだった。しかも、お祓いが簡素化されてる気がして去年は、もっと長い時間かけてお祓いしてくれたような?

思わず、

「おいおい、大丈夫かよ?」

と神主さんに聞いしまった。

神主さんは、

「しっかり、お祓いしましたよ。」

と。

そしてミートランチとんきいで昼食を摂り、帰路に着いた。

嫁は、昼食時にワインの赤を5杯も呑んでいた。

今年の嫁も、絶好調だなっ!

f:id:hide0406:20190113225612j:imagef:id:hide0406:20190113225536j:image

慈悲尾って、何て読む?

正月休みに入って2日目。

職場の同僚の小林さんのお父さんの御通夜に向かわなければならなかった。

職場の同僚の渡辺さんから、御通夜の内容をLINEで送ってもらう。

内容に目を通すも、地名が読めない。

慈悲尾?静岡市のドコ?

浜松市在住の私には、聞いた事も無い。

ネットで調べ、ようやく解る。

しいのお、と読むらしい。

ネットとは、便利なモノだ。

当日、渡辺さんにLINEして何時頃伺うか確認するも、返事が来ない。

私は携帯ナビで住所を検索し、余裕を持って2時間前から86に火を入れる。

実家に寄り礼服に着替え、静岡市へ向かう。

ルートは、迷う事無く新東名高速道路を選択する。

森のスマートインターから、高速道路に乗る。

時間に余裕のある私は、高速道路の最低速度で走行する。様々な車が、私の86を抜いて行く。

たまには、こんな走りも良いモノだ。

すると、初心者マークを付けた現行のベンツのセダンが86を追い抜いて行った。

久しぶりに、衝撃を受けた。

静岡SAのスマートインターを降りて、静岡SAの駐車場に車を停めた。

時間に余裕がある為、静岡SAで一服する。

携帯電話に目をやると、渡辺さんから返事が来ていた。5時半頃に、到着するとの事。

時間を見計らって、静岡SAを出発する。

目的地のあいネットホール慈悲尾月光に到着すると、ドコかで見ていたかのように携帯電話が鳴る。

親友の鶴見から、呑みの誘いだ。

私は電話を切り、渡辺さんに電話する。

渡辺さんは、既に帰路に着いていた。5時半前だというのに。

私は、渡辺さんに嫌われているのだろうか?それとも、待っていてくれると思っていた私が甘かったのか?

そんな事を考えながら場内に入ると、小林さんは暖かく迎えてくれた。

父親を亡くし大変だろうに、そんな素振りは微塵にも見せなかった。

もし私が同じ立場に立つ時、小林さんの様な振る舞いができるだろうか?

小林さんの行動には、時々考えさせられる事がある。

御線香を上げ手を合わせ拝み終わると、小林さんは外まで出て見送ってくれた。

そして私は、帰路に着く。

帰りのルートは行きとは違い、東名高速道路を選択する。帰りも、のんびりと運転する。

何故か、気が乗らない。

私は、この理由の無い感覚を大事にしている。

この様な時は、いくら走っても楽しめない。

家に着く頃、今一度鶴見から携帯電話が鳴る。

この男は、本当にタイミングが良い。

そして私は、親友鶴見と浜松の夜に消えて行った。

f:id:hide0406:20190102220919j:image