私の86感

私の愛車の物語です。

沼津で馬刺し

職場の喫煙所で一服していると、上司の森さんからお盆休み前日の夜、馬刺しを食べに誘われた。

私は断る理由もなく、即答で合意した。

森さんは、沼津在住。

沼津と言えば魚貝類を連想するのだが、馬刺しとは面白いと思った。

私は仕事最終日、86にハイオク満タンを振る舞う。

理由は至って単純、私の自宅は浜松。浜松から沼津まで軽く100㎞はある。途中、ガソリンスタンドへ寄りたくはないのだ。

仕事が終わり、森さんの乗るパールのアリオンに誘われ沼津へ向かう。高速道路を走行中、雲行きが妖しくなってくる。そうだった。関東に台風が来ているのを忘れていた。パールのアリオンは、良いペースで走行する。後方から1台の車が、急激に迫って来る。私は一瞬パトカーか覆面かと思ったが、現行のプリウスだった。私と森さんは道を譲ったが、プリウスはあまりにも横暴な運転だった。そのうち、罰が当たるだろうと私は思った。

そして、沼津の宿に到着。宿は、東横INN富士山沼津駅北口1だ。ここの従業員の人達は、毎回暖かく迎えてくれる。私の常宿だ。

私はチェックインを終え、部屋のシャワーで汗と疲れを洗い流す。

私には、一抹の不安があった。1週間前から夏風邪をひいていた。ここではしゃいで、お盆休みが病欠になっては笑えない。

私は調子に乗らないよう心に誓った。

そして、スマホが鳴る。森さんからだ。

私は、宿を後にした。f:id:hide0406:20180810163424j:image