私の86感

私の愛車の物語です。

帰省

正月の事である。

私は嫁と、嫁の実家に86で帰省する事になった。

嫁の実家は長野県飯田市である為、山を越えなければならない。

私は高速道路を薦めるも、嫁は下道で行く事を頑なに譲らない。

私は雪が怖かったが、嫁の

「大丈夫!大丈夫!」

の言葉を信じて、国道151号を行く事になった。

すると案の定、新野の山頂手前で雪が降って来た。

私は嫁に引き返す事を薦めるも、嫁は相変わらず

「大丈夫!大丈夫!」

私は雪道を走った事が無い為、経験者の嫁の言葉を信じて先に進んだ。

しかし、私の不安は的中してしまった。

新野の山頂付近で、道路に雪が積もり86がスリップして前に進まなくなってしまった。

ふと助手席に目をやると、嫁はケラケラ笑っていた。私は嫁に、殺意を覚えた。

私は、86を何とか道路の端に寄せてJAFに連絡した。迎えに来るのに、小1時間かかるとの事。

私は安堵した。

嫁は、義母に連絡していた。

義母は迎えに行くから、86は道の駅に置いておけとの事。

私は呆れて、嫁に一人で帰省する事を薦めた。

嫁は、私と二人で帰省したいと強く訴えてきたので、義母の提案を断るように言った。

JAFが来てくれて、86を積載車に載せた。

JAFの運転手に

「先に進みますか?引き返しますか?」

の問いに、私は迷った。

勿論、嫁の言葉は私には届かない。

が、先に進む選択をした。

せっかく、嫁の両親&義妹が楽しみに待っているのだ。私の意固地で、台無しにするのは忍びない。

私は心の中で、強く決心した。

冬に86で、飯田に行かない。そして、嫁の言葉を信用しない。


f:id:hide0406:20180627214901j:image
f:id:hide0406:20180627214857j:image