私の86感

私の愛車の物語です。

300馬力

私は86を買った時から、パワー不足が否めなかった。メーカーも、色々な事情や考えがあるのだろうが、スポーツカーと謳う以上はもう少しパワーがあってもいいと思うのだが。

そこで私は、過給機を付ける決意をする。

便利な世の中になったものだ。

ネットで検索すれば、大概の事がわかる。

私が自分なりに調べて、決めた過給機はHKSのスーパーチャージャーだった。

私は早速、佐藤商会へ行きその旨を伝えた。

すると社長は

「もうじき、HKSからターボがでるのでターボにしませんか?」

私は、その問いに迷いが生じてしまった。

私の中でターボは、とても魅力的だった。

一昔十年、二昔前にカルディナGTTというターボ車を所有した事がある。

あの暴力的な加速は、とても魅力的だ。

しかし、スーパーチャージャーを搭載した車は未経験だった。そして、HKSのターボはこれからだ。それに対してスーパーチャージャーは、発売されて数年経過していて熟成されている。

悩みに悩んだ結果、スーパーチャージャーに飽きたらターボを取り付ける結論に至った。

佐藤商会に

スーパーチャージャーで、出せるだけ馬力を出して欲しい。」

私の中でスポーツカーに乗る時点で、エコなんてクソ喰らえだ。

すると佐藤商会の社長は

「300馬力までですね。それ以上出すと、ミッションが逝きますね。」

続けて社長は

「因みに強化ミッションは、150万円です。」

私は、己の財力の無さを嘆いた。

しかし、これで西尾君と勝負できる。とても、楽しみだ。

そして、佐藤商会に86を預けて長い一週間が過ぎたのである。

ここで佐藤商会の良いところは、作業状況をブログに書いてくれる事だ。毎日、佐藤商会のブログを見るのが楽しみになる。

佐藤商会へ86を引き取りに行くと、社長が色々説明してくれた言葉の中に、

「コレはもう、チューニングカーだから。」

何て心地好い響きなのだろうか。身が引き締まる思いだ。

先ずは、私の慣らしだな。

私は、佐藤商会を左折した。f:id:hide0406:20180710171452j:image
f:id:hide0406:20180710171442j:image