私の86感

私の愛車の物語です。

郡上八幡城

最近嫁は、仕事の事で病んでいた。

私は昨日のサーキット走行会で夏風邪がぶり返していたが、病んでいる嫁には息抜きが必要と思い外へ連れ出す。

私がまず目指したのが、伊賀上野城だった。

高速道路に乗り美合のパーキングエリアで、トイレ休憩をしながら高速道路の情報を得る。

飛鳥〜長島と亀山JCTが、大渋滞していた。

私は急遽目的地を変え、郡上八幡城に向かう事に決めた。

森さんから貰ったナビを頼りに、岐阜県へ向かう。

ナビは、一宮のJCTから北陸道へ向かうルートを示している。私は、東海環状の方が速いような気がするが、ナビを森さんを信じた。案の定、一宮JCTは渋滞していた。

助手席の嫁は、眠りにつこうとしていた。私は、嫁を起こしてナビを頼んだ。

渋滞を抜けて郡上八幡ICで降りると、また渋滞していた。お盆は、何処へ行っても混んでるという事か!私は、郡上八幡城を目指し86を走らす。

城下町は祭りのせいか、浴衣を着た人や観光客で賑わっていた。駐車場も、ほぼ満席だった。私は、不安になった。

しかし、城下の駐車場整理の人に話しかけると

「上の駐車場は空いてるよ。」

私は安心して86で登城したが、この登り坂が悲劇の始まりだった。

勾配がキツく、カーブもキツかった。途中、後輪が浮き空転して前に進めない。そんな時、徒歩で登城してるオバチャンの心無い言葉が、私をイラつかせる。

「こんな車が通るのを待ってたら、日が暮れるわ。先に行こう!」

私は、このオバチャンはロクな死に方しないと思い立往生していると、親切なお兄さんが

「後輪浮いてますよ。私が後ろ見ますから、一度バックして下さい。」

と言って後ろを見てくれた。

私は、

「ありがとうございます。」

と伝え危機を脱した。

まだまだ、日本人も捨てた者ではないと思った。

そしてこの時、二度と郡上八幡城は86では来ないと心に誓った。

そして、郡上八幡城に到着した。

山の上に聳え立つ郡上八幡城は、今まで拝見したお城のベスト10に入る程立派なお城だった。

しかし、お城見学中も私は不安と闘っていた。

登ったという事は、降らなければならない。

下り坂は、どのような道なのだろうか?また、悲劇が待っているのだろうか?

しかし、下り坂は上り坂に比べとても簡単だった。

嫁の休日は一日だけなので、私は急いで帰路に着く。帰りはナビを頼らず、私の思う道を帰る事にした。

東海北陸道を走っていると、槍のような雨が降り出す。俗に言うゲリラ豪雨だ。私は、必要以上にスピードを緩め運転している。

昼食もとらず運転している為、風邪薬も飲めず咳込んでいると、嫁は煙草を吸いながら

「風邪、大丈夫?」

と心配してくれるが、私は怒りを覚えた。

車内の狭い空間で煙草を吸われたら、咳込むのは当然だと思うのだが?嫁は本当に私の心配をしてくれているのだろうか?

東海環状に入る頃、白バイを二台見かけた。高速道路で白バイとは珍しい。

私は心の中で、

「御苦労様です。」

と呟いた。

新東名の岡崎SAで、遅めの昼食をとる。SA、PAは何処もいっぱいだ。

私は嫁に

「今日は、あまり楽しめなかった?」

と問うと嫁は

「楽しかったよ。」

と言ったが、顔は曇っていた。

f:id:hide0406:20180815153509j:image
f:id:hide0406:20180815153447j:image
f:id:hide0406:20180815153458j:image
f:id:hide0406:20180815153520j:image