私の86感

私の愛車の物語です。

鈴木家最後の結婚式

嫁の1番下の妹の結婚式の為、朝も早から長野県飯田市へ。

嫁は何をトチ狂ったか、私の実家で着付けをすると言い出した。

私の母親は、私が生まれついた時には既に美容師だった。着付けは、お手の物である。

が、結婚式は朝9時から逆算すると深夜3時起床。

朝9時からの結婚式も驚きではあるが、早朝4時から70近くになる私の母親に着付けをさせる嫁もクレイジーだと私は思った。

母親の頑張りもあり、実家を朝5時に出発する事が出来た。

私と嫁は母親に御礼を言い、86に乗り込む。

飯田市までのルートは、国道151号線を選択した。

朝早いせいか道は空いており、アッと言う間に嫁の実家に着く。

私はこのドライブ中、軽い殺意を抱く。

助手席の嫁が爆睡するのはまだ許せるが、運転席側に倒れかかってきてうまく運転できない。

悪意に満ち溢れてる嫁の行為に、運転中の私は不貞腐れる事ぐらいしかできなかった。

それでも、私の決死のドライビングテクニックにより、結婚式1時間前には嫁の実家に着いていた。

86を嫁の実家に置き、タクシーを呼び結婚式場へ向かう。

どうにかこうにか、結婚式には間に合った。

結婚式は、人前式だった。

最近、英会話の塾に入塾したばかりの私は、私の隣で歌う外国人の口元が気になり、式が入ってこない。

披露宴では、寝不足のせいかお酒が進まない。

が、宴が終わる頃にはしっかり酔っていた。

夜は、義理の両親&次女夫婦と焼肉を食べに行く事になっていた。

私は、その後元親族のユッキーと呑みに行く約束をしていた為、焼肉屋幸では一滴もお酒を呑む事は無かった。

この幸と言う店は、飯田市で1番のお気に入りの焼肉屋だ。ココの焼肉屋のママは、愛想がとても良い。

長生きして欲しいと、心から願う。

そして、鈴木家までユッキーは迎えに来てくれた。

ユッキーの行き着けのスナックへ、誘われる。

新郎新婦には申し訳ないが、ユッキーと呑む酒がこの日1番美味かった。ユッキー、今日はありがとう。と心から思う。

さぁ、明日は嫁と岐阜城だ。f:id:hide0406:20190625204721j:image