私の86感

私の愛車の物語です。

初めての敗北

ある仕事帰りの時の事である。

私は、普段どおり制限速度を守り安全運転に努めていた。ルームミラー越しに、異常なスピードで迫って来るヘッドライトが映る。

私は直ぐに左端に寄せると、物凄い勢いで追い抜いて行ったが、信号待ちで追いついてしまった。

どうやら、行き先が一緒らしい。

高速道路に乗ると、異常な加速で走り去って行く。

私は、86の可能性を信じてアクセルを全開にした。しかし、前の車は小さくなるばかり。

「何て加速をする。性能差か!」

私が追いかけてるのに気付いたのか、前の車はスピードを緩めた。やっと追いついたかと思ったが、前の車はまた異常な加速で、走り去って行った。久しぶりの屈辱だった。

「次は、負けないぞ!三本槍のエンブレム」

私は帰って直ぐに、三本槍のオープンカーをネットで検索する。

マセラティのグランカブリオという車だった。

次の日、元走り屋の池田さんにこの話をして

「金にモノを言わせやがって!」

と私が愚痴ると池田さんは

「お前が言うな!」

と怒られてしまった。

確かに私の86も、お金がかかっている。

私は、大人しく納得した。

f:id:hide0406:20180731201557j:image