私の86感

私の愛車の物語です。

ゴールドのレクサスSCと黒人はベストマッチ?

週末の仕事帰り、私は足早に86を走らせていた。

何しろ明日は休みだ。何処へ86でドライブしようか、考えていると自然と笑みが溢れる。

足早と言ったが、しっかり法定速度を守り一般車線を走行していた。

追越車線に移り走行していると、前の車がゴールドのレクサスSCだった。

私はテールを眺めながら、昔2代目のソアラに憧れていた事を思い出した。昔の漫画のシャコタンブギの影響だ。シャコタンブギの世界では、2代目ソアラはニューソアラとして登場している。

そんな思い出に浸っていると、レクサスSCは道を譲ってくれた。

私は、アクセルを踏み込み前に出る。レクサスSCに礼を言うかの様に横に目をやると、黒人が運転していた。私は軽く会釈をした。

妙に、ゴールドのレクサスSCと黒人の組合せがオシャレに見えた。

しかし、会釈が誤解を招いたのかレクサスSCが、私の86の背後にピタッと貼り付いた。

私は、5速へギアを落としアクセルを踏み込み加速して行く。しかし、背後のレクサスSCは離れない。

恐るべしレクサスSC。

そうこうしているうちに、オービス手前まで来てしまった。私は減速し一般車線へ移ると、レクサスSCはフル加速して行く。

その後ろ姿は、とても逞しく見えた。私には、出来ない芸当だ。私は軽く敬意を表した。

不思議と敗北感は無かった。

言い訳だが、生きてる世界が違う気がした。f:id:hide0406:20180911212428j:image